制服泥棒のニュースを読んで考えた事

インターネットでニュースを読んでいたら、熊本で女子高生の制服を盗んだ男の事が書いてありました。制服やトレーニングウェアなど300点が自宅にあったようであきれた感じに書かれていました。もちろん私もあきれたのですが・・・。

この手のニュースを見ると、もし自分が学生で盗まれたら・・・と、想像してしまいます。真っ先に思うことは、「明日、学校何着て行けばいいの?」と、途方にくれちゃう気がします。どこでも高校はきちんと制服を着用することに厳しいと思います。制服って1着ずつオーダーメイドだから高いし、注文して出来上がるのに1週間くらいはかかると思います。もちろん、事情を先生に言えば特例として私服で学校に通う事ができるとはおもうのですが、できれば私服で学校には行きたくないですよね。

女子高生の制服をあつめるマニアックな趣味を持つ方の気持ちがまったくわからないのです。きっと、気持ちの悪い妄想も含まれているのでしょうが、その事による君の悪さよりも、切実に制服がなくて学校に行けないということと、制服をもう一度作ってもらう親の経済的な負担を気にするとおもいます。おそらく、現実に盗まれた制服の持ち主であるお嬢さん方もそう思ったことでしょう。本当に気の毒に思いました。