日本の先生は、世界一忙しい?

日本の先生は世界一忙しいけれど、理解の遅い子に対する指導や、情報通信技術を利用する割合が低いというニュースを聞きました。

最近は、モンスターペアレントや、授業に集中できなくて、授業中も椅子に座って先生の話を聞くことのできない子供が増えているそうですから、

先生も大変だとは思います。そのために、ノイローゼ気味になって、学校を休んだり、ひどくなると退職せざるを得ない先生が続出しているというニュースを聞くと、

先生って本当に大変ですし、この問題が何とかならないものかなあと思います。

どこかの大学では、生涯を持つ生徒のために、同じ学校の生徒が、授業内容をパソコンで文字おこしをしたりして、

授業の手助けをしているということが報道されていました。

メルライン楽天

健常者と障害者の心温まるお話で、聞いていてとてもうれしかったです。

先生一人では、できることが限られてしまいますから、補助の教員を入れるとか、

先生がもう少し授業をやりやすくするような取り組みが行われないかなあと思っています。

ラジオ体操第3が、メタボ対策に

ラジオ体操の第3が、メタボ対策に良いということで、DVDが発売されるようです。

夏休みというと、ラジオ体操のイメージがあって、私たちも子供のころからお世話になってきたラジオ体操ですが、

ゆっくりの体操のイメージがある中、第3は、ジャンプをしたりして、かなりハードな体操のようで、放送が中止になったのだとか。

まだ実際にどんなものなのか見たことがないので何とも言えませんが、大学教授が推薦する良い運動のようなので、私もぜひ行ってみたいなあと思っています。

ハードな運動になるようですが、時間にするとたったの3分30秒ですから、ちょうど良い時間なのかもしれません。

ある市では、市民の健康維持のために、この体操を推進する取り組みを行っているのだそうです。

健康な人が増えれば、医療費の問題とか、今問題になっているさまざまなことも解決していくので、健康維持に対する取り組みは、大いに評価できると思います。

私たちも、健康維持のために、適度な運動を生活の中に取り入れていきたいと思っています。